本文へスキップ

キリスト教保育 共に生きる保育 自由保育                                                  スマートフォン版

電話でのお問い合わせはTEL.0299-82-1907

〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中7丁目10-7

安心安全への取り組みSAFETY

地震・災害対策

2011年3月に起こった大地震後、当園では耐震補強工事をしました。園舎は震度6強に耐えられる構造となっています。保育中に地震が起こった場合には、子どもたちの安全確保を最優先します。

»園舎は、耐震工事業者によって細かい検査をして頂き、心配な被害はなく、無事でした。
»園庭は、鉄棒・ジャングルジム付近に地割れが起こり、遊具の移動と修理工事を致しました。地割れ・崖崩れ対策としてフェンスを設置し、子ども達を安全にお預かりできるように整えました。
»スクールバスに関しましては、バス走行中に大きな地震が起こった時は、道路脇の危険のない所に停車し、揺れが収まってから、走行を再開します。
»非常用非難リュック(担任が背負う物)を各クラスに置き、地震時の誘導用笛をスタッフは常に身につけ行動しています。各クラス、FMかしまからの情報がキャッチできるようにラジオを準備しています。


放射能対策

放射線量は、震災直後から行政の基準値(0.2マイクロシーベルト)以上になることはなく、現在は平均して0.050マイクロシーベルト以下で安定しています。(参考例:旭川市0.043、京都市0.057、福岡市0.058。単位はいずれもマイクロシーベルト。原子力規制委員会「放射線モニタリング情報」2016年10月平均データ参照。)
鹿嶋市による定期測定は終了していますが、念のため園所有のガイガーカウンターにより、遠足先等、必要に応じて随時測定を行い安全を期しています。

地震・放射能対策を完全に行うことは困難ですが、お子さまの命を守ることを第一に、今後も状況の変化に応じて対策をしていきます。



セキュリティについて

当園では、茨城県警直通のセキュリティシステムを導入しています。ボタン1つで県警につながり、警察の方が来てくださるというものです。防犯カメラも設置しており、24時間体制で玄関入り口付近一帯を撮影しています。



 一斉メールを活用しています

日常の園からのお知らせは活動予定の変更など、緊急時の連絡の際は、お家の方の携帯電話はパソコンのメールにその旨を一斉送信させて頂いています。保育中に災害が起こった場合なども、一斉送信メールで状況をお伝えします。